>

費用のメリット

ゲストへの配慮

リゾートウェディングではゲストに対してどんな配慮が必要でしょうか。
地元を離れた場所で結婚式を挙げるのですから、遠方まで来ていただけるか、またはスケジュールの都合がつくかなど事前に確認が必要でしょう。
交通費や宿泊費が発生する場合もあります。
どこまで負担するのが一般的なのでしょうか。
招待された友人や親族は確認しづらい内容ですね。
お金のことはきちんと誠意を見せることが後々の人間関係にも影響し、配慮のないカップルは悪い印象を残してしまう事だってありますね。
かかる費用をゲストに負担していただく場合はお祝儀を辞退するとか、近距離の場合は一部をお返しするなど出席していただける感謝の気持ちを表すのが良いでしょう。
統計では一部負担も含めカップルの7割が負担したと答えています。
全額負担した人も2割を超えています。

費用の詳細

軽井沢でしかも憧れのチャペルで結婚式を挙げたいと夢見る人も多いかもしれません。
費用は普通に比べて安く済むのでしょうか。
素敵な場所でしかも安いとなると魅力倍増ですね。
ビーチは沖縄だけでなく伊豆もあります。
首都圏からは最も近いアクセスでもありますからゲストも招待しやすいかもしれません。
ビーチでの結婚式や敷地内結婚式などスタイルにもいろいろあります。
一般的にリゾートウェディングの費用は20名とした場合30万円から200万円弱まで範囲が広く二人だけと言うケースはその半額ほどの負担です。
2人だけで10万円で挙式ができるものもあります。
全館貸し切り30名弱で60万円ほどであげることが可能なプランもあり、詳細は招待人数や食事の内容でも変わってきます。
食事は1万円から2万円程までですが新鮮で美味しいという意見が多いです。


この記事をシェアする